トップへ » はじめての方へ » 世界レベルの滅菌と光による先端医療 » 世界基準「クラスB」の滅菌環境

世界基準「クラスB」の滅菌環境

完全な滅菌を目指して世界基準「クラスB」の滅菌環境
治療において、忘れてはならないのが感染対策です。ところが昨今でも、病院などで院内感染が問題になることがあるように、残念ながら日本では、ヨーロッパなどの欧米圏と比較して、感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

歯科治療では、抜歯や外科的処置など、出血が避けられないケースもあります。また、血液に限らず、治療に使用した器具はすべて、確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、Sirona製のクラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」を導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

従来の滅菌システムとの違い
従来より多くの歯科診療所で主流とされているのは、蒸気を送り込むことで高圧高温状態を作り出す「重力置換オートクレーブ」と呼ばれる滅菌器です。しかし、EU諸国を中心とする世界基準に基づけば、「Bサイクルオートクレーブ」、あるいは「クラスB」と呼ばれる滅菌器の使用が必須です。

クラスB滅菌器は、単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出します。それによって、器具の細部にまで高温の蒸気が漏れなく浸透し、より完全な滅菌を可能にしています。

その他の滅菌対策世界基準「クラスB」の滅菌環境
当院では、コップやエプロンまで可能な限りのディスポーサブル(使い捨て)を徹底し、ミラーやピンセットなどは滅菌パックに入れて、患者さまの前で開封します。このような徹底した滅菌対策で、免疫力の低いお子さまやご高齢者にも安心して治療を受けていただける環境作りを心掛けています。


トップへ » はじめての方へ » 世界レベルの滅菌と光による先端医療 » 世界基準「クラスB」の滅菌環境



TOPへ