トップへ » はじめての方へ » 痛くない・削らない治療 » 「痛くない」への取り組み

「痛くない」への取り組み

「痛くない」への取り組み

麻酔をするその前に・・・「麻酔の痛み」自体を軽減します
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが、「麻酔そのものの痛みが苦手」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔液を注射器で注入する前に「表面麻酔」を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減しています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法です。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を挿入する際の「チクリ」とした痛みを抑え、患者さまの不快感やストレスを極力まで削減していますので、ご安心ください。

麻酔薬の注入時にも、高度な技術を使います電動麻酔器
麻酔針を刺すときの痛みではなく、「麻酔薬を注入する際の痛み」が気になる方もいらっしゃるかも知れません。その痛みの原因は、麻酔を注入するスピードにあります。スピードが一定に保たれず、急に多くの麻酔薬が注入されると、歯ぐきに余計な圧力がかかって痛みや不快感が生じるのです。

当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置(アネジェスト)を使用して、一定の速度でゆっくりと麻酔を注入することにより、痛みや不快感を抑えています。実際、多くの患者さまから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に終わった」 などの声をいただいています。


トップへ » はじめての方へ » 痛くない・削らない治療 » 「痛くない」への取り組み



TOPへ