トップへ » はじめての方へ » 世界レベルの滅菌と光による先端医療

非接触にこだわった診断

●ダイアグノカム(KaVo)を使用
レーザーに代表されるように、光を治療に用いることは知られていますが、当院では診断にも光を応用しています。

非接触にこだわった診断

光による診断は、口内に機材が接触しないことから、常に清潔な状態を保つことができます。また、口の中に触れないので、患者さまが異物感やストレスを感じることもありません。さらに、光で診断した画像をモニターに映し出せるので、患者さま自身も患部をリアルタイムで確認することができます。

歯の状況を患者さまが理解して、治療へすすめる

歯の状況を患者さまが理解単に「虫歯の治療をする」といっても、「削らずに処理できるレベル」から、「抜歯するしかないレベル」まで治療内容はさまざまです。歯科医は適宜、適切な判断を行いますが、患者さま自身にご納得いただくことも大切だと考えます。

光による診断では、患者さまもモニターの画像を通して、自身も歯の状態を確認することができることから、治療の必要性や治療内容をご納得いただいた上で治療を始めることができます。

また、虫歯にはなっていない箇所に関しても、何か気になる点がありましたら、お気軽にご質問ください。症状(冷たいものがしみる、歯が浮くような感覚があるといった、映像には映らない点など)をお伺いし、丁寧に対応させていただきます。

X線フリーで安全性の高いう蝕診断【光診断・ダイアグノカム(KaVo)】

ダイアグノカム(KaVo)歯科用口腔内カメラ型をしている「ダイアグノカム」は、X線を使用しない最新式の画像診断機器です。咬合面からの撮影で、歯肉に接した部分や咬合面、以前に歯科治療をしたところに出来る二次的な虫歯、密接した歯と歯の間に出来ている虫歯など、見つけにくい患部の発見に役立ちます。

X線を使用しないので、繰り返し撮影しても放射線の心配がなく、患者さまに安心してご利用いただけます。また、撮影した画像をリアルタイムでモニターに表示することができ、動画の撮影も可能なことから、患者さまに分かりやすくご説明させていただくことにも役立っています。
 

世界基準「クラスB」の滅菌環境

完全な滅菌を目指して世界基準「クラスB」の滅菌環境
治療において、忘れてはならないのが感染対策です。ところが昨今でも、病院などで院内感染が問題になることがあるように、残念ながら日本では、ヨーロッパなどの欧米圏と比較して、感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

歯科治療では、抜歯や外科的処置など、出血が避けられないケースもあります。また、血液に限らず、治療に使用した器具はすべて、確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、Sirona製のクラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」を導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

従来の滅菌システムとの違い
従来より多くの歯科診療所で主流とされているのは、蒸気を送り込むことで高圧高温状態を作り出す「重力置換オートクレーブ」と呼ばれる滅菌器です。しかし、EU諸国を中心とする世界基準に基づけば、「Bサイクルオートクレーブ」、あるいは「クラスB」と呼ばれる滅菌器の使用が必須です。

クラスB滅菌器は、単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出します。それによって、器具の細部にまで高温の蒸気が漏れなく浸透し、より完全な滅菌を可能にしています。

その他の滅菌対策世界基準「クラスB」の滅菌環境
当院では、コップやエプロンまで可能な限りのディスポーサブル(使い捨て)を徹底し、ミラーやピンセットなどは滅菌パックに入れて、患者さまの前で開封します。このような徹底した滅菌対策で、免疫力の低いお子さまやご高齢者にも安心して治療を受けていただける環境作りを心掛けています。


トップへ » はじめての方へ » 世界レベルの滅菌と光による先端医療



TOPへ