トップへ » はじめての方へ » 痛くない・削らない治療

「痛くない」への取り組み

「痛くない」への取り組み

麻酔をするその前に・・・「麻酔の痛み」自体を軽減します
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが、「麻酔そのものの痛みが苦手」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔液を注射器で注入する前に「表面麻酔」を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減しています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法です。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を挿入する際の「チクリ」とした痛みを抑え、患者さまの不快感やストレスを極力まで削減していますので、ご安心ください。

麻酔薬の注入時にも、高度な技術を使います電動麻酔器
麻酔針を刺すときの痛みではなく、「麻酔薬を注入する際の痛み」が気になる方もいらっしゃるかも知れません。その痛みの原因は、麻酔を注入するスピードにあります。スピードが一定に保たれず、急に多くの麻酔薬が注入されると、歯ぐきに余計な圧力がかかって痛みや不快感が生じるのです。

当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置(アネジェスト)を使用して、一定の速度でゆっくりと麻酔を注入することにより、痛みや不快感を抑えています。実際、多くの患者さまから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に終わった」 などの声をいただいています。

「削らない」への取り組み

できるだけ歯を削らない治療~MI治療MI治療
「虫歯は治したいけど、できることなら歯を削りたくない」という患者さまも多くいらっしゃいます。
そこで当院では、「MI治療」 という考え方を実践しています。

MI治療の「MI」は、Minimal Intervention(ミニマル・インターベーション、またはミニマム・インターベンション:最小限の侵襲)の略で、「極力歯を削らずに、今ある歯をできる限り残す」 という意味です。「歯をなるべく保存しようとする考え方」と思っていただければ良いでしょう。

●1回で終了&美しい仕上がりを実現
具体的には、再生できないう蝕部分だけを、可能な限り最小限の範囲で削り、削った箇所は「レジン」と呼ばれる白い粘土のような材料で埋めます。削る部分が少なく、詰め物や被せ物を作る必要もないので、1回の通院で治療が終了するケースがほとんどです。

また、金属製の詰め物を使用しないことから、見た目が美しく仕上がる点も特徴です。こういったメリットから、当院では、患者さまの歯の状態に合わせてMI治療をお勧めしています。ただし、重症化した虫歯には、適用できない場合もありますので、ご希望の方は一度ご相談ください。
※MI治療は保険診療対象外となります。

<MI治療のメリット>
・天然歯と見分けがつかない仕上がりが可能
・1回の通院で治療が終了
・オールセラミックスや金合金と比べて安価
・健康な歯をほとんど削らなくて済む
・神経を保存できる可能性が高い
・修理や修正が容易に行える

歯は一度削ってしまうと再生しません

歯は一度削ってしまうと再生しません通常の歯科治療では、虫歯周囲の健康な部分まで広めに削ったり、患部が神経に近い場合には、虫歯治療と同時に神経を取ったりすることがあります。これは、神経が細菌の感染によってもとに戻れなくなると、その後のトラブルを避けるために行うものです。

しかし、歯は一度削られると二度と再生できません。また、神経を取った歯は、健康な歯に比べて歯質が弱くなります。だからこそ、MIによって再生できないう蝕部分だけを慎重に削ることで歯の負担を減らしたり、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすといったことが大切なのです。


トップへ » はじめての方へ » 痛くない・削らない治療



TOPへ