トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯は進行状態によってCO~C4 までの段階に分けられます。

COCO
初期虫歯の状態で、まだ歯に穴は開いていません。この段階であれば、フッ素とキシリトールでて歯を再石灰化させることにより、改善させることが可能です。

C1C1
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態ですが、まだ痛みはありません。放置すると進行してしまうので患部を削って詰める治療が必要ですが、この段階なら削る部分は最小限で済みます。

C2C2
エナメル質の下にある象牙質にまで達した虫歯です。神経には達していないので強い痛みはありませんが、甘いものなどが染み始めます。この段階では、患部を削って型取りし、被せ物などを補綴する治療を行います。
※治療には麻酔を使用します。

C3C3
虫歯が神経に達して歯髄炎を起こした状態なので、激痛を伴います。さらに進行すると歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。この段階の治療としては、麻酔をして歯を大きく深く削り、神経を抜き取る必要があります。

C4C4
神経が死んでしまった状態。神経が働いていないために痛みは少ないものの、虫歯菌が血管を通って心臓や腎臓に達し、重い病気を引き起こすこともあります。ここまで悪化してしまうと抜歯が避けられないケースが多くなります。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 虫歯のメカニズム



TOPへ