トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 歯を抜く際には、しっかりとご相談させていただきます

歯を抜く際には、しっかりとご相談させていただきます

一般歯科MI治療では、削る量を最小限に抑えるのと同様に、抜歯に関しても、可能な限り「温存できる方法」を優先しています。ただし、状態によっては抜歯が避けられないケースもありますので、「最終の選択肢」としては、抜歯もお心置きくださいますよう、お願いします。

抜歯が必須のケースでも、まずは、温存できない理由をきちんとご説明し、患者さまの同意をいただいてから行います。歯を抜いた時と抜かなかった時、両方のメリット・デメリットもきちんとお伝えし、納得できるまでご検討いただく時間を作りますので、ご安心ください。

歯の状態によっては「抜いた方が噛みやすくなるケース」もあります。ですが、患者さまにとって大切な歯ですから、可能な限り残すための努力は怠りません。治療についてのご要望や不安な点などがあれば、どんなことでも結構ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

当院の痛くない治療


トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 歯を抜く際には、しっかりとご相談させていただきます



TOPへ