トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 生まれ持った歯を大切に

生まれ持った歯を大切に

一般歯科歯は、少し削って形を変えるだけでも強度が落ちます。つまり、たとえ治療のためであっても「歯を削ること」は、それ自体がリスクにもなり得るので、当院では、「C1段階の虫歯は削らず、それ以上の進行を抑える」など、"生まれ持った歯を大切にして可能な限り残す"ことを第一に考えています。

ただし、虫歯が悪化している場合には、削る必要性をご説明し、ご納得いただいた上で治療を進め、「虫歯を残すことによるリスク」を排除します。つまり、「歯を削ることのリスク」と「虫歯を残すことのリスク」のどちらがより軽いか重いかを見極めて、ご提案と対処をさせていただくということなのです。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科 » 生まれ持った歯を大切に



TOPへ