トップへ » 診療科目 » 予防歯科 » 定期検診メニュー【3DS】

定期検診メニュー【3DS】

歯についた細菌を直接的に減らす除菌法予防歯科
虫歯菌や歯周病菌が繁殖すると、歯の表面に「バイオフィルム(プラーク・歯垢)」と呼ばれる膜を作ります。バイオフィルムは、普段のブラッシングだけでは落ちないため、蓄積し、虫歯や歯周病といった歯のトラブルを引き起こす大きな要因となってしまいます。

そこで有効なのが「3DS」と呼ばれる除菌法です。「3DS」とは、Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称で、徹底的にPMTCを行った後、患者さまの口に合わせて作った専用トレーに薬剤を塗り、直接歯に当てて口の中の細菌を減らします。

虫歯の主な原因であるミュータンス菌を元から絶つ方法として、近年注目されている治療方法でもあります。カリエスリスク検査、歯周病リスク検査の結果、必要に応じて行うことで、細菌増加によるリスクを削減することが可能です。

3DSの流れ
1.口腔のミュータンス菌の検査を行い、除菌が必要かどうかを確認します。
次へ
2.PMTCを行い、歯面からバイオフィルムを剥ぎ取ります。
次へ
3.1週間後、3DSによって除菌操作を行います。


トップへ » 診療科目 » 予防歯科 » 定期検診メニュー【3DS】



TOPへ