トップへ » 診療科目 » 審美歯科・ホワイトニング » 予防治療を行ってから、ホワイトニングを

予防治療を行ってから、ホワイトニングを

ホワイトニングホワイトニングを行う際は、事前に充分な予防治療を行うことを推奨しています。もし、虫歯や歯周病などを患っていた場合、ホワイトニング剤の塗布がダメージとなり、口腔内の健康を大幅に損なってしまう可能性があるからです。

口のダメージがライフスタイルに与える影響は、「話すこと、食べること」といった日常生活の基本活動はもちろんのこと、ビジネスシーンや家事・育児など多岐に及びますので、その点にだけは充分な注意が必要です。ぜひ、予防治療を行ってからホワイトニングを実行しましょう。


トップへ » 診療科目 » 審美歯科・ホワイトニング » 予防治療を行ってから、ホワイトニングを



TOPへ