トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周病とは

歯周病とは

歯周病治療

歯周病は非常に身近な存在です
近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっていると報告されていいて、軽度のものも含めると、40才以上では5人中4人は歯周病患者であると言われます。歯周病は、初期にはこれといった症状がほとんどないため、症状が現れた頃には既に手遅れになっている場合がほとんどなのです。

歯周病って何なの?歯周病
歯周病は、歯を支えている骨や歯肉の病気で、家に例えると、「家の土台」が「柱や家屋を支える力を失うこと」です。そうなると、家屋全体がグラつき始め、やがては倒壊してしまうでしょう。同様に、歯周病では、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまいます。

歯垢が石灰化して歯石になると、歯石が付着した歯と歯肉の間に隙間(歯周ポケット)ができ、炎症を起こします。この炎症が歯肉内部にまで進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失うことになるのです。

高齢化するほど喪失歯数が増えます
歯周病にかかった方が喪失してしまう歯の数は、個人差はあるものの、年齢を重ねるに連れて多くなる傾向にあります。歯周病は、重度になればなるほど、歯を喪失する可能性が高まります。ただし、歯周病は悪化するのに時間を要するので、早めのケアが一番効果的であり、対策の鍵となります。

歯周病対策は日頃からケアをしましょう歯周病
歯のグラつきや歯ぐきの腫れといった自覚症状が現れる以前の初期であっても、歯周病にかかっていると、細菌が増加したりしている関係で口臭が強くなります。ふとしたときに急に気になったり、仕事や面接など、大事なシーンで困らないよう、日頃からケアを心掛けておきましょう。

また、定期検診を受けることも大切です。自覚症状のない初期段階で歯周病を発見し、早めのケアで重症化を回避できたり、症状が緩和した後の定期的なメンテナンスが再発防止につながったりと、定期検診の役割は多大です。毎日の歯みがき同様、定期検診を「習慣化」することをお勧めします。

当院の院長は歯周病専門医です歯周病
歯周病専門医とは、日本歯周病学会が歯周病治療の知識や経験を持つものとして認めた歯科医師に交付する資格認定制度であり、審査・試験を経て、合格した歯科医師に交付されます。

当院の院長は、この歯周病専門医の資格を有しています。資格を誇示するものではありませんが、「歯周病治療の標準的な知識を持ち、適切な治療が行える歯科医師であること」を見極める指標のひとつにしていただければ、安心して、歯周病の治療や予防をお受けいただけるものと考えます。


トップへ » 診療科目 » 歯周病治療 » 歯周病とは



TOPへ