トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児歯科の虫歯予防メニュー【シーラント】

小児歯科の虫歯予防メニュー【シーラント】

生えたての歯に有効な虫歯予防です小児歯科
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているために歯ブラシの毛先が入らず、磨き残しが蓄積しやすいのですが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。

シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効な治療法なので、6~7歳頃や11~13歳頃に行うのが適しています。お一人おひとりの治療時期や治療の有効性は、カリエスリスク検査や歯周病リスク検査の結果と歯の成長段階を考慮して、ご提案させていただきます。

定期的なチェックで効果を有効に
シーラントは薄いので割れてしまうことがあり、割れてしまったままにしていると、シーラントをしていない時よりも虫歯になりやすくなってしまう可能性があります。シーラントの効果を有効に活かすためには、歯科医院で定期的にチェックを受けましょう。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 小児歯科の虫歯予防メニュー【シーラント】



TOPへ