トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 歯医者に慣れることができないときは、他の方法も考えます

歯医者に慣れることができないときは、他の方法も考えます

小児歯科多くのお子さまが、2~3回の通院で比較的上手に治療を受けられるようになりますが、中には、なかなか慣れることができないお子さまもいます。その場合は、恐怖心で泣いているというよりは、「泣けば何もせずに帰してくれる」と思ってしまっているケースもあります。

そういった場合には、保護者の方と充分に相談して、他の方法を考えます。お子さまの個性に合った方法や、以前に他の歯科医院でトラウマになっていることがないか、などを考慮し、時間をかけて対応していきますので、諦めずにご相談ください。

歯医者嫌いにさせないことは歯を一生守ることの基礎
お子さまは、思った以上に大人のことを良く見ているものです。そして、「この人は自分の敵か、味方か」を敏感に察知するのです。 私たちは、「歯医者さんに行くと、痛かった歯が痛くなくなる!」「嫌なことはしないでくれる」と信用してもらうことで、「味方」と認めてもらえるように努めます。

また、大人の方でも「歯医者が苦手」という方が珍しくないのは、子ども時代の経験や記憶、印象が大きく影響していると思われます。お子さまに"歯医者大好き♪"といってもらえるようになることは、今だけでなく、大人になった後の将来にわたっても、長く歯を守ることにつながると考えています。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 歯医者に慣れることができないときは、他の方法も考えます



TOPへ