トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 「泣いても無理に治療する」ということはありません

「泣いても無理に治療する」ということはありません

ほとんどのお子さまは、少なからず歯科医院を「怖い」と感じています。そんな気持ちをやわらげ、出来るだけリラックスして治療を受けてもらい、歯科治療に対する苦手意識を植え付けないことも大切だと思いますので、当院では基本的に、泣いているお子さまを無理やり治療するということはありません。

小児歯科

ですが、患部の進行度合いによって、痛くて眠れなかったり、食事が取れなかったりすると、お子さまが辛い上に、保護者の方もお困りになると思われます。その場合には、保護者の方にご相談とご説明をし、同意をいただいてから必要最小限の応急処置をしますので、安心してお子さまをお連れください。

歯医者さんに慣れてもらうところからスタートします
始めのうちは歯医者に恐怖心を持ち、泣いて治療ができない子も、慌てずゆっくり歯医者に慣れていけば、だんだんと上手に治療を受けてくれるようになります。 緊急な応急処置が必要な場合以外であれば、最初の日は「歯医者さんに来てくれただけ」でもいいと思います。

最初の日は「お話しするだけ」、次の来院時には「治療用の椅子に座ってみるだけ」といったペースで大丈夫です。「お口の中を見せてくれるだけ」「歯ブラシで歯みがきをさせてくれるくらい」と順を追って練習することで、だんだんと慣れてもらえるように対応します。

たくさん褒めて、自信を持たせてあげましょう小児歯科
少しでも頑張れた日には、お子さまを褒めてあげてください。「歯医者さんは思ったほど怖くないし、頑張ると、先生も看護師さんもお母さんも、みんなが褒めてくれる」と感じられるようになれば、それが自信となり、歯医者に行くことが、楽しく、嬉しくなってくるはずです。

また、ご自宅でお子さまから「どうして歯医者さんに行かなきゃ行けないの?」「歯医者さんで何をするの?」と聞かれたときは、治療に対する恐怖感や先入観が沸かないように、「バイキンをとってきれいにするのよ」と表現していただくと良いかと思います。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 「泣いても無理に治療する」ということはありません



TOPへ