トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 外科治療について

外科治療について

歯周病が悪化してしまうと、治療には外科手術が伴うケースが多くなります。例えば、歯周ポケットや歯根から歯石や歯垢を除去する「歯周ポケット掻爬術」や「新付着術」、ダメージを受けた歯肉も除去する「歯肉切除」や「フラップ法」といった治療も外科手術の一例です。

外科治療

また、歯周病があごの骨まで達してしまった場合には、「GTR法:組織誘導再生法」や「GBR法:骨組織誘導再生法」といった方法で骨を再生させないと、失った歯を補うことが不可能なケースもあります。

表面的な歯石除去などは、多くの歯科医院で日常的なケアとして行われていますが、手術を伴うような高度な治療には、専門的な知識や技術が不可欠です。当院の院長は、歯周病専門医として、こういった重症例に対する外科処置も行っていますので、安心して治療をお任せいただけます。

当院の歯周病治療について


トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 外科治療について



TOPへ