トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 安全な外科処置のための感染対策

安全な外科処置のための感染対策

世界基準「クラスB」の滅菌環境を実現口腔外科
出欠を伴う外科治療を安全に行うために不可欠なのが感染対策で、治療に使用した器具などはすべて、確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、Sirona製のクラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」を導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

クラスB滅菌器は、単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出します。それによって、器具の細部にまで高温の蒸気が漏れなく浸透し、より完全な滅菌を可能にしています。

当院の「クラスB」滅菌環境について


トップへ » 診療科目 » 口腔外科 » 安全な外科処置のための感染対策



TOPへ