トップへ » 診療科目 » 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは

「口を開くと銀歯が目立ってしまう」
「歯や歯肉の色が悪く、不潔っぽく見えるのが気になる」
「笑顔に自信を持ちたい」

そんな悩みを抱えている方にオススメなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科

審美歯科とは、歯の白さや歯並びといった「見た目の美しさ」に焦点を当てた歯科医療のことです。

審美歯科には大きく分けて2つの種類があり、ひとつは「歯を薬剤で漂白するホワイトニング」、もうひとつは「補綴物(人工歯)を入れる方法」で、補綴物にはクラウン(被せ物)とインレー(詰め物)があり、素材にもさまざまな種類があります。

患者さまのニーズに適した方法をご提案審美歯科
当院ではさまざまな審美歯科メニューを取り揃え、患者さまのご希望に沿うものをご提案させていただいています。ですので、まずは「もっと歯を白く見せたい」「治療の跡が分からない方法がいい」など、患者さま自身のご希望をお聞かせください。

具体的な方法や素材が分からなくても、「治療の結果、どのようになりたいか」をお伝えいただければ、希望の実現に適した方法や素材をご提案します。イメージがつかめない、上手く伝えられないという方には、資料をお見せして一緒に最適な方法をお探ししますので、お気軽にご相談ください。
 

ホワイトニング

天然歯の白さを再びホワイトニング
「もっと歯が白ければ...」「最近、歯の色が悪くなってきた気が...」といったコンプレックスの解消や、「芸能人みたいな真っ白な歯になりたい」といった憧れ。「ホワイトニング」は、それらを実現してくれる審美治療です。

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を用いて歯を白くする治療法です。コーヒー・お茶・赤ワインなどの飲食でついた歯の汚れや、タバコでついたヤニ、加齢によって黄色く変色した歯などを、歯を削ることなく白く輝く歯にすることができます。

歯の白さや輝きは、顔の印象を大きく左右するポイントです。それだけに、ホワイトニングで白い歯を手に入れたことで、「思い切り笑えるようになった」「人とのコミュニケーションが楽しくなった」という声も多く耳にします。あなたもぜひ、好印象を与える口元をホワイトニングで実現してみませんか?

オフィスホワイトニングホワイトニング
当院には2種類のホワイトニングメニューがあり、ひとつは、当院の診療室でドクターが行う【オフィスホワイトニング】と呼ばれる方法です。これは、歯の表面をクリーニングした後に過酸化水素水を含んだ薬剤を塗布し、レーザーによって歯への薬剤の浸透を高めます。即効性の高さが特徴です。

ホワイトニング剤へのこだわり
当院では、ホワイトニング剤として「ティオン(GC社)」という薬剤を使用しております。厚生労働省から認可されたホワイトニング剤で、臨床試験において安全性と有効性が認められています。ホワイトニング剤には、他にもさまざまな種類がありますが、当院では、患者さまの安全面を第一に考えて選択しています。

ティオンによるホワイトニングでは、薬剤を塗布するより先に、まずは歯の表面にリアクターという光触媒を塗布します。リアクターと薬剤を順に添付した後にレーザーを照射。すると、リアクターが電子を放出して過酸化水素と反応することにより、大量のハイドロキシラジカルが作られるのです。

そのため、ティオン自体の過酸化水素濃度(23%)は低めでも、高いホワイトニング効果が得られるのです。また、ホワイトニング材自体のpHは6という数値は、エナメル質が脱灰する限界のpH5.5よりも高いpHとなっていることも、歯にやさしい薬剤であることの証明です。

ホームホワイトニングホワイトニング
もうひとつのホワイトニングメニューは、患者さま自身がご自宅で行う【ホームホワイトニング】です。これは、歯の形に合わせて作製したトレーに薬剤を入れ、毎日数時間使用することにより、約2週間で歯を白くする方法です。お好きな時間に行えるので、忙しい方にオススメです。

予防治療を行ってから、ホワイトニングを

ホワイトニングホワイトニングを行う際は、事前に充分な予防治療を行うことを推奨しています。もし、虫歯や歯周病などを患っていた場合、ホワイトニング剤の塗布がダメージとなり、口腔内の健康を大幅に損なってしまう可能性があるからです。

口のダメージがライフスタイルに与える影響は、「話すこと、食べること」といった日常生活の基本活動はもちろんのこと、ビジネスシーンや家事・育児など多岐に及びますので、その点にだけは充分な注意が必要です。ぜひ、予防治療を行ってからホワイトニングを実行しましょう。

患者さまの希望をお聞かせください

審美歯科ホワイトニングをするにしても、「一体、どのくらい歯を白くするのがいいのかな?」という疑問があると思います。あまり白過ぎると不自然な印象になるのでは...と気になったり、かといって控えめにしたのではホワイトニングする意味がなさそうな...と、悩んだり迷ったりされると思います。

当院では、術前と術後に写真を撮り、変化の度合いや印象を、患者さま自身に確認していただけます。また、どのくらいの白さが最適であるかという点につきましても、患者さまが必要とされている白さをヒアリングし、ご提案させていただきます。


トップへ » 診療科目 » 審美歯科・ホワイトニング



TOPへ