トップへ » 診療科目 » 口腔外科

外科治療について

歯周病が悪化してしまうと、治療には外科手術が伴うケースが多くなります。例えば、歯周ポケットや歯根から歯石や歯垢を除去する「歯周ポケット掻爬術」や「新付着術」、ダメージを受けた歯肉も除去する「歯肉切除」や「フラップ法」といった治療も外科手術の一例です。

外科治療

また、歯周病があごの骨まで達してしまった場合には、「GTR法:組織誘導再生法」や「GBR法:骨組織誘導再生法」といった方法で骨を再生させないと、失った歯を補うことが不可能なケースもあります。

表面的な歯石除去などは、多くの歯科医院で日常的なケアとして行われていますが、手術を伴うような高度な治療には、専門的な知識や技術が不可欠です。当院の院長は、歯周病専門医として、こういった重症例に対する外科処置も行っていますので、安心して治療をお任せいただけます。

当院の歯周病治療について

歯周病に特化したメンテナンスの【SPT】

口腔外科SPTとは、「サポーティブ・ペリオドンタル・セラピー(supportive periodontal therapy)」の略称で、歯周病治療後の再発防止と、再発が起こってしまった場合に早い段階で適切な処置を施すために、連続的な経過観察と予防処置を行うことです。

最近、歯周病の予防に関しては、「メンテナンス」ではなく、この「SPT」という用語を使うことが、国内外の歯周病学会から提唱され始めています。つまりは、メンテナンスの中でも、「歯周病のリスクが中程度から高いレベルの患者さまを対象として特化した予防理念」といえるでしょう。

歯周病は症状が出にくい病気で、腫れる、出血する、歯がグラつくといった症状が出たときには、取り返しがつかないところまで進行しているケースが珍しくありません。日頃のセルフケアも大切ですが、専門家による継続的なメンテナンスも不可欠であるとお考えください。

安全な外科処置のための感染対策

世界基準「クラスB」の滅菌環境を実現口腔外科
出欠を伴う外科治療を安全に行うために不可欠なのが感染対策で、治療に使用した器具などはすべて、確実に滅菌することが必須です。そこで当院では、Sirona製のクラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」を導入し、より清潔な環境で治療できるよう対策を講じています。

クラスB滅菌器は、単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出します。それによって、器具の細部にまで高温の蒸気が漏れなく浸透し、より完全な滅菌を可能にしています。

当院の「クラスB」滅菌環境について


トップへ » 診療科目 » 口腔外科



TOPへ