トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 院長紹介 » 開業を決意した理由

開業を決意した理由

院長あいさつ大学で診療、研究教育を行っていましたが、それまでに学んだことの集大成として、実際の臨床の現場で患者さまに喜んでもらいたいと思ったことが開業の理由です。

そのためにも、今までの経験や知識を世間に還元し、社会のためになることをしたいと思ったのです。歯周病をはじめとして、歯についての情報を、この地域の方々に少しでも上手くお伝えして、患者さまの歯の健康、さらには全身の健康維持のために力を尽くしたいと思います。

地域への充分な情報伝達を目指す
虫歯は、市域によって格差が大きい疾患でもあると思われます。大都市圏では「予防歯科」の重要性の認知度が進み、虫歯の保有率は徐々に低くなっていると感じますが、東北圏内では、まだまだ虫歯の患者さまも多いようです。

その理由のひとつは、情報が上手く伝わっていないことだと考えます。その点は、歯周病に関しても同様なので、当院では予防歯科に重点を置き、お子さまの保護者の方々はもちろんのこと、多くの方に正しい知識を広めていきたいと思っています。

歯周病の専門医として院長あいさつ
これまで多くの経験を積み、多様な資格を取得しておりまして、歯周病に関しては「専門医」と呼ばれております。女性の歯周病専門医で仙台市内で開業しているドクターは、他にはいらっしゃらないかも...というほどに、歯周病専門医自体が、まだまだ限られた人数だと思われます。

もちろん、歯周病の治療自体は、多くの歯科医院で行われていますが、重症化した歯周病には外科治療も必要となりますので、当院の専門性の高い検査や治療がお役に立つと思います。これまでの知識や経験だけでなく、資格の保持に必要な勉強を通して得られる、最新の技術や情報も駆使し、皆さまに貢献していきます。

患者さまへの還元のために取得した資格
資格としては、口腔衛生学会認定医、歯周病専門医、保存治療専門医を取得しました。3つも取得しているドクターは珍しいかも知れませんが、虫歯の治療や予防が中心となるお子さまから、成人から高齢者までの大きな問題となる歯周病まで、どの年代の疾患にも充分な対応ができるように、さまざまなことを学んだ結果です。

また、カウンセリングも、勉強と実践を通して10年ほど学んで参りまして、産業歯科医として定期的にある会社の検診や予防を行いました。


トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 院長紹介 » 開業を決意した理由



TOPへ