トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 院長紹介 » 院長プロフィール

院長プロフィール

院長プロフィールルミエールデンタルクリニック
院長 井川恭子

【経歴】
福岡県立九州歯科大学卒業
東北大学歯学部附属病院歯科・研修医
東北大学歯学部歯科保存学第一講座 医員
東北大学歯学部予防歯科学講座 文部教官助手
東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座予防歯科学分野 助手 → 助教


【資格】
日本歯科保存学会保存治療 専門医
日本歯周病学会歯周病 専門医
日本口腔衛生学会 認定医
日本歯科医師会認定 産業歯科医


【論文】
1. 井川資英、進藤 拓、井川恭子、島内英俊. ホルマリン・グアヤコール(FG)根管貼薬時に蒸散するホルムアルデヒドに関する研究. 日本歯科保存学雑誌 第52巻第3号 272-278 2009
2. Tanda N, Washio J, Ikawa K, Suzuki K, Koseki T, Iwakura M.:A new portable sulfide monitor with a zinc-oxide semiconductor sensor for daily use and field study.;J Dent.35, 552-557, 2007.
3. Ikawa M, Komatsu H, Ikawa K, Mayanagi H, Shimauchi H.:Age-related changes in the human pulpal blood flow measured by laser Doppler flowmetry.;Dent Traumatol. 19,36-40, 2003
4. Chiba J, Kusumoto M, Shirai S, Ikawa K, Sakamoto S.:The influence of fluoride ingestion on urinary aluminum excretion in humans.; Tohoku J Exp Med., 196,139-49, 2002
5. Ikawa K, Ikawa M, Shimauchi H, Iwakura M, Sakamoto S.:Treatment of gingival overgrowth induced by manidipine administration. A case report.;J Periodontol.,73, 115-22, 2002
6. 井川恭子、田浦勝彦、楠本雅子、千葉順子、針生ひろみ、小関健由: 宮城県内におけるフッ化物配合歯磨剤の利用状況について; 口衛会誌 53, 554-563, 2003
7. 志村匡代、岩倉政城、井川恭子、小関健由:農村地区における口臭治療の潜在的需要について --成人歯科検診における口臭検査と質問紙調査の検討-- 東北大歯誌 22,99-105,2003
8. Tanda N, Mori S, Saito K, Ikawa K, Sakamoto S. : Expression of apoptotic singaling proteins in leukoplakia and oral lichen planus : quantitative and topographical studies.; J oral pathol med, 29, 385-93, 2000.
9. 井川 恭子:歯肉増殖症におけるKi-67抗原,Cyclin D1,および Retinoblastomaタンパク質の発現 -白板症および口腔扁平苔癬における発現との比較検討-:日歯保誌, 42, 583-593, 1999
10. Ikawa M, Ikawa K, Horiuchi H.The effects of thermal and mechanical stimulation on blood flow in healthy and inflamed gingiva in man. Arch Oral Biol. 1998 Feb;43(2):127-32.
11. 斎藤 恵一、森 士朗、井川 恭子、岩倉 政城、坂本 征三郎;PhenytoinおよびNifedipineにより誘発された歯肉増殖症についての免疫組織化学的研究 : p53タンパク質およびKi-67抗原の発現について 口腔衛生学会雑誌  1997 V 47 N 1 P 98-108
12. Shimura M, Watanabe S, Iwakura M, Oshikiri Y, Kusumoto M, Ikawa K, Sakamoto S.Correlation between measurements using a new halitosis monitor and organoleptic assessment. J Periodontol. 1997 Dec;68(12):1182-5.
13. 坂本征三郎 ed. 坂本征三郎監修・監訳, [著] 岐路に立つ歯科教育.[丸善株式会社,(1996)] 東北大学歯学部予防歯科学教室訳
14. 井川資英 、矢尾板由紀子、井川恭子、堀内博;透過光光電脈波法によるヒト歯髄血流の測定範囲に関する研究.[日歯保誌,39,(1996),1337-1342]
15. Ikawa M, Horiuchi H, Ikawa K. Optical characteristics of human extracted teeth and the possible application of photoplethysmography to the human pulp. Arch Oral Biol. 1994 Oct;39(10):821-7.

井川資英・井川恭子、歯科医療へのカウンセリング心理学の導入 カウンセリング心理学事典 國分康孝. 誠心書房. 411-413. 2008
井川恭子・井川資英. 歯科医療で使えるカウンセリング理論とその応用. カウンセリング心理学事典 國分康孝. 誠心書房. 413-415. 2008

【発表】

2009 平成21年
1. Kyoko Ikawa, Motohide Ikawa, Takeyoshi Koseki.  Tonometric measurement of the gingiva in young and elder humans. 第3回インターフェース口腔健康科学国際シンポジウム
2. 佐々木恵子、井川恭子、佐藤晶子、小野寺悦子、佐藤清子、渡邊慶子、田浦勝彦、小関健由 地方自治体における歯科ボランティア「とめ・歯つらつ隊」育成
第21回日本口腔衛生学会東北地方会
3. 井川資英、進藤 拓、井川恭子、島内英俊;ホルマリン・グアヤコール(FG)根管貼薬時のホルムアルデヒド蒸気測定  日本歯科保存学会
4. 井川資英、 井川恭子、進藤 拓. 歯科診察室での気中ホルムアルデヒド濃度に関する作業環境測定. 第19回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会 

2008 平成20年
1. Kyoko Ikawa、Motohide Ikawa、Takeyoshi Koseki1 Tonometric measurement of the gingiva in young and elder humans.Interfece2009
2. Ikawa M and Ikwawa K: Replantation of a vertically fractured root using adhesive resin and a titanium screw; Proceedings XV World Congress on Dental Traumatology p53, 2008.
3. 丹田奈緒子、田浦勝彦、齋藤恵一、井川恭子、山田雄大、鈴木淳、小関健由:顎変形症手術症例クリニカルパスへの連携;口衛生会誌 58,419,2008
4. 統合的カウンセリングを取り入れた口臭患者への治療効果:井川恭子、小関健由 口衛生会誌2008
5. 井川資英、進藤 拓、井川恭子、島内英俊:ホルマリン・グアヤコール(FG)根管貼薬時のホルムアルデヒド蒸気測定;日歯保誌 平成20年度秋季大会(第129回)2008
6. 山田雄大、井川恭子、丹田奈緒子、齋藤恵一、伊藤恵美、田浦勝彦、鈴木淳、尾股定夫、小関健由. 歯面音響特性計測による被破壊的石灰化度評価法の開発. 東北大学バイオサイエンスシンポジウム. 2008-5-19
7. 小関健由、猪狩和子、井川恭子、相田潤、小暮由佳子、大内康弘、山﨑尚哉、歯科医師の社会貢献に関する意識調査について、第20回日本口腔衛生学会東北地方会 2008/5/25

2007 平成19年
1. 井川恭子、井川資英、小関健由:トノメーターを用いたヒト歯肉硬さ測定;日歯周誌, 49, 216, 2007
2. Ikawa K, Ikawa M, Koseki T:Pressure measurement of human gingiva by tonometer.;Interface Oral Health Science, 207-208, 2007
3. N.Tanda, M.Iwakura, K.Ikawa, J.Washio, A.Kusano, K.Amano, Y.Ogawan Y.Yamada, Y.Shigihara, Y.Shibuya, M.Haga, K.Osaka, and T koseki.Dental examinations for oral health promotion in a rural town: Interface Oral Health Science, 299-300, 2007
4. T koseki, E.Ito, K.Ikawa, Y.Yamada, Y.Ogawan, K.Amano, H.Shimauchi:TUCL probe, Novel constant load periodontal probe for the standardized probing measurements. ;Interface Oral Health Science, 303-304, 2007
5. A.Kusano M.Iwakura, K.Ikawa, N.Tanda, J.Washio, Y.Ogawa Y.Yamada, and T koseki :Psychological Characteristics of halitosis patients by using Egogram and the halitosis scale questionnaires.; Interface Oral Health Science, 307-308, 2007
6. E.Ito E.Kato, Y.Sato, K.Ikawa, Y.Yamada, Y.Ogawan K.Amano, H.Shimauchi and T koseki: TUCL probe for easy learing of probing manipuration. ;Interface Oral Health Science, 305-306, 2007
7. Kusano A., Iwakura M., Ikawa K, N.Tanda, J.Washio, Koseki T.: Psychological Characteristics of Halitosis Patients By Using Egogram and Questionnaires. IADR, 2007
8. 田浦勝彦、井川恭子、山田雄大、小川裕平、天野一宇、丹田奈緒子、鷲尾純平、小関健由:某高等専門学校男子学生の齲蝕有病状況について〜 15歳と19歳の1975年から2005年までの変化〜 口衛生会誌, 57, 228, 2007 第19回日本口腔衛生学会東北地方会
9. 蒲生正若、蒲生裕子、木村篤、木村歩、吉田厚子、玉根幸恵、松本百合恵、高原カネ子、井川恭子、丹田奈緒子、草野あゆみ、山田雄大、小川裕平、天野一宇、鴫原よし子、伊藤恵美、岩倉政城、小関健由:町の一般健診に併設して導入に口臭を用いた学習歯科健診;口腔衛生会誌 57, 228, 2007  第19回日本口腔衛生学会東北地方会
10. 山田雄大、小川裕平、天野一宇、丹田奈緒子、井川恭子、田浦勝彦、鷲尾純平、小関健由:某高等専門学校男子学生の齲蝕の減少について〜 15歳と19歳の1975年から2005年までの成績から〜;東北大学歯学会誌 2007 26 N 2 P 43-44 第51回東北大学歯学会
11. 井川恭子、蒲生正若、蒲生裕子、木村篤、木村歩、玉根幸恵、吉田厚子、松本百合恵、高原カネ子、丹田奈緒子、草野歩、鴫原よし子、渋谷芳郎、天野一宇、小川祐平、山田雄大、伊藤恵美、岩倉政城、小関健由:住民歯科健康診査における口臭と歯科疾患の要因解析;東北公衆衛生学会・宮城県公衆衛生学会
12. 井川恭子、井川資英、小関健由:トノメーターを用いたヒト歯肉硬さ測定;日歯周誌, 49, 216, 2007
13. Ikawa K, Ikawa M, Koseki T:The pressure of human gingiva measured by tonometer. JADR 2007
14. 井川恭子、門馬裕子、三木美麗、田浦勝彦、齋藤恵一、畑真二、丸谷由里子、吉田光秀、高橋一郎、台丸谷隆慶、富塚亮、福本諭、山本照子、小関健由:口腔育成参加患者のう蝕抑制効果について;東北大学歯学会 2007  p28 vol.27 No1 2008第52回東北大学歯学会
15. 丹田奈緒子、田浦勝彦、斎藤恵一、井川恭子、後藤 哲、小枝聡子、鈴木孝裕、根井仁志、原 純、高田陽子、川村 仁、小関健由:顎変形症手術症例クリニカルパスへの連携とその課題;東北大学歯学会 2007  第52回東北大学歯学会 

2006 平成18年
1. 小関健由、井川恭子、伊藤恵美、加藤恵、天野一宇、小川裕平、山田雄大、青葉達夫、星野秀明:東北大型定圧歯周プローブの歯周疾患健診への応用;口腔衛生学会、2006
2. 井川恭子、岩倉政城、丹田奈緒子*、草野歩、小川裕平、山田雄大、小関健由:歯科的アプローチによる真性口臭患者の治療例;口腔衛生学会、2006 第18回日本口腔衛生学会東北地方会 
3. Ikawa K., Ikawa M., Ito E., Kato M., Shimauchi H., Koseki T.:Minimizing Probing Error by using Novel Constant Load Periodontal Probe.;92 Annual Meeting Exhibition, AAP collaboration with the JSP 2006 92 Annual Meeting Exhibition, AAP collaboration with the JSP 2006, San Diego, California Sept 16-19, 2006
井川恭子、伊藤恵美、青葉達夫、星野秀明、小関健由:東北大型定圧歯周プローブによるプロービングの規格化への試み;口腔衛生会誌 第55回日本口腔衛生学会・総会 口腔衛生学会雑誌 2006,56(4),p606
4. A. KUSANO, M. IWAKURA, K. IKAWA, N. TANDA, J. WASHIO, and T. KOSEKI:Psychological Characteristics of Halitosis Patients By Using Egogram and Questionnaires;IADR 2006
5. Y.Ogawa A.Kusano, Y.Yamada, K.Amano, K.Ikawa, N.Tanda, Y.Shigihara, E.Ito, J.Washio, T koseki:Easy Measurement of unstimulated Saliva By Modified Swab Method;IADR  2006
6. 伊藤恵美、小関健由、加藤恵、天野一宇、小川裕平、山田雄大、井川恭子、大木亜紀子、鍔原泰介、井川資英、島内英俊:新型定圧歯周プローブによるプロービングの規格化への試み;第49回東北大学歯学会講演抄録 東北大学歯学会 2006 12 25 2 88
7. 伊藤 恵美 井川 恭子 加藤 恵 石井 瑛一郎 青葉 達夫 島内 英俊 小関 健由.:東北大型定圧歯周プローブの臨床応用時に関わる機械的特性の評価. 日歯周誌. 2006 48 171
8. 伊藤恵美、加藤映美子、羽田美佳、阿部良枝、中村(三浦)亜依、松本聡代、安住弘子、佐藤洋子、井川恭子、小関健由:新型定圧歯周プローブの教習用プローブとしての応用効果 日本歯科衛生学会第1回学術大会

2005年 平成17年
1. Ikawa K , Iwakura M, Washio J, Kusano A, Tanda N, Koseki T :Circadian changes of volatile sulfur compounds measured by Breathtron;International Congress Series, 89-90, 2005
2. Washio J, Sato T, Ikawa K, Tanda N, Iwakura M, Koseki T and Takahashi N.: Relationship between hydrogen sulfide-producing bacteria of the tongue coating and oral malodor.; International Congress Series, 199-200, 2005
3. N .Tanda , M .Iwakura , K.Ikawa , J .Washio , A .Kusano , K.Suzuki and T. Koseki:Development of a portable bad-breath monitor and application to field study of halitosis;International Congress Series, 201-202, 2005
4. K.Saito, S. Mori , M.Iwakura , N .tanda , S.Sakamoto , K.Ikawa and T.Koseki:Immunohistochemical study on the pathogenesis of drug-induced gingival hyperplasia; International Congress Series, 85-86, 2005
5. Iwakura M, Ikawa K, Tanda N, Washio J, Kusano A, Shibuya Y, Koseki T, Haga M, Shigihara Y and Suzuki K. :A citizens-oriented dental health program in a rural town.;IADR 2005
6. Koseki T, Yamada Y, Ikawa K,et al.:Development of an Ultrasonic Device to Detect Early Demineralized Lesion. ;IADR, 2005
7. 井川 恭子、伊藤 恵美、星野 秀明、小澤 雄樹、井川 資英、加藤 恵、島内 英俊、小関 健由;新型定圧歯周プローブを用いたプロービングの規格化 日本歯科保存学雑誌 vol.48、p152
8. 小関健由、井川恭子、星野秀明、伊藤恵美、加藤恵、島内英俊:新型定圧歯周プローブの性能評価と臨床応用;日歯周誌 第47巻、秋季特別号 171 2005
9. 井川恭子、井川資英、小関健由、島内英俊:歯列不正を伴う成人性歯周病患者に対し包括的治療を行った一症例;日歯周誌 47 233 2005
10. 田浦勝彦、鷲尾純平、丹田奈緒子、井川恭子 、山田雄大、小川裕平、天野一宇、今泉芙由子、石井瑛一郎、小関健由:某高等専門学校生のう蝕罹患状況の改善について;口腔衛生学会 2005
11. 田浦勝彦、山田雄大、小川裕平、天野一宇、石井瑛一郎、今泉芙由子、千葉順子、丹田奈緒子、井川恭子、松坂朋典、鷲尾純平、小関健由:某高等専門学校生のう蝕の状況と歯科受診、フッ化物配合歯磨き剤の使用状況との関係について;口腔衛生会誌55(4)424 2005
12. 丹田奈緒子、岩倉政城、井川恭子、鷲尾純平、草野歩、山田雄大、小川裕平、今泉芙由子、石井瑛一郎、鈴木健吾、天野一宇、小関健由:口臭測定の導入が地域歯科保健活動に果たす役割-BreathtronTMによる成人歯科健診受診者への一斉検査-;口腔衛生会誌55 2005
13. 丹田奈緒子、岩倉政城、井川恭子、鷲尾純平、草野歩、天野一宇、今泉芙由子、小川裕平、山田雄大、石井瑛一郎、渋谷芳郎、芳賀めぐみ、鴫原ヨシ子、鈴木健吾、小関健由:口臭測定の導入が地域の歯科保健活動に果たす役割;口腔衛生会誌55, 330, 2005
14. 井川恭子、伊藤恵美、星野秀明、小澤雄樹、井川資英、加藤恵、島内英俊、小関健由:新型定圧歯周プローブを用いたプロービングの規格化;日歯保誌(日本歯科保存学会雑誌) 第48巻、秋季特別号 p152 2005

2004 平成16年
1. 井川恭子、小澤雄樹、高橋一郎、畑真二、小関健由、五十嵐薫、真柳秀昭:口腔育成実習参加者における口腔状況年次推移;東北大学歯学会, 2004 (第45回東北大学歯学会講演抄録 東北大学歯学雑誌vol23,p90
2. 井川恭子、鷲尾純平、丹田奈緒子、針生ひろみ、志村匡代、草野歩、岩倉政城、小関健由.:Breathtronを用いた口臭測定の条件についての検討.;口衛生学会誌 2003.
3. M.Iwakura, K.Ikawa, J.Washio, N.Tanda, A.Kusano, K.Suzuki, T.Koseki: A field study for halitosis using new VSC monitor;IADR 2004 ;82:3520
4. 芳賀めぐみ、成澤喜美子、阿部陽子、小橋純子、鷲尾純平、井川恭子、丹田奈緒子、草野歩、渋谷芳郎、岩倉政城、小関健由:3歳児のう蝕をきっかけに取り組んだ地域歯科保健計画策定と成人歯科検診;日本口腔衛生学会2004 vol54,p372

2003 平成15年
1. 井川恭子、鷲尾純平、丹田奈緒子、針生ひろみ、志村匡代、草野歩、岩倉政城、小関健由. Breathtronを用いた口臭測定の条件についての検討. 口衛生学会誌 2003.
2. 小関健由、井川恭子、栗原えりこ、安細敏弘、竹原直道. レーザー光を用いた歯の表面粗さ計の基礎的研究. 口衛生学会雑誌 2003;53:469.
3. 田浦勝彦、井川恭子、齋藤恵一、小関健由. 仙台市内保育所幼児のう蝕有病状況の推移について. 口衛生学会雑誌 2003.
4. 鷲尾純平、佐藤拓一、井川恭子、丹田奈緒子、岩倉政城、小関健由、高橋信博. 口臭と舌苔中の総菌数および硫化水素産生菌数との関係. 口衛生学会雑誌 2003;53:344.
5. 井川恭子、田浦勝彦、針生ひろみ、志村匡代、丹田奈緒子、松坂典朋典、鷲尾純平;高専生におけるう蝕有病状況とフッ化物配合歯磨剤の使用状況に関する検討.第14回日本口腔衛生学会東北地方会 福島県郡山市、平成14年5月25日、口頭発表(日本口腔衛生学会誌 2002l;52:718).
6. 志村匡代、岩倉政城、井川恭子、小関健由;農村地区における口臭治療の潜在的需要について -成人歯科検診における口臭検査と質問紙調査の検討-.[東北大歯誌,22(2),(2003),99-105]
7. 田浦 勝彦、井川 恭子、齋藤 恵一、小関 健由;仙台市内保育所幼児のう蝕有病状況の推移について 口腔衛生学会雑誌2003 V 53 N 4 P 497

2002 平成14年
1. 飯山正夫、斎藤薫、井川恭子、井川資英、島内英俊. 歯肉デジタル画像自動評価システムの汎用化の試み. 日本歯周病学会会誌 2002;44:105.
2. 岩倉政城、針生ひろみ、鷲尾純平、志村匡代、井川恭子、丹田奈緒子、鈴木健吾;口臭測定器「ブレストロン」についてー口臭臨床における機器測定の意義ー.[日本歯科評論,62(6),(2002),105-108
3. 井川恭子、鷲尾純平、楠本雅子、松坂朋典、針生ひろみ、志村匡代、丹田奈緒子、千葉潤子、小澤雄樹、田浦勝彦. 某高等専門学校男子学生の1975年から2000年のう蝕有病状況の変化. 日本口腔衛生学会誌 2002;52:382-383.
4. 井川恭子、田浦勝彦、針生ひろみ、志村匡代、丹田奈緒子、松坂典朋典、鷲尾純平. 高専生におけるう蝕有病状況とフッ化物配合歯磨剤の使用状況に関する検討. 日本口腔衛生学会誌 2002.
5. 岩倉政城、針生ひろみ、鷲尾純平、志村匡代、井川恭子、丹田奈緒子、鈴木健吾. 第一線臨床に向けた口臭測定器の開発. 日本口腔衛生学会誌 2002;52:456-457.
6. 鷲尾純平、針生ひろみ、志村匡代、井川恭子、丹田奈緒子、岩倉政城. 東北大学予防歯科口臭外来20年間の受診動態. 日本口腔衛生学会誌 2002.
7. 松坂朋典、井川恭子、岩倉政城. 東北大学歯学部附属病院予防歯科外来患者の無申告感染症患者の頻度調査. 日本口腔衛生学会誌 2002.
8. 針生 ひろみ、志村 匡代、鷲尾 純平、井川 恭子、丹田 奈緒子、岩倉 政城 鈴木 健吾;口臭測定器ブレストロンの開発(一般演題)(第41回東北大学歯学会講演抄録) 東北大学歯学雑誌2002 V 21 N 2 P 127
9. 針生 ひろみ、岩倉 政城、鷲尾 純平、志村 匡代、井川 恭子、丹田 奈緒子、坂本 征三郎;予防歯科口臭外来開設以降19年間の受診動態と臨床統計(第40回東北大学歯学会講演抄録)(一般演題)東北大学歯学雑誌2002 V 21 N 1 P 43-44

2001 平成13年
1. 井川恭子、田浦勝彦、千葉順子、丹田奈緒子、針生ひろみ、坂本征三郎. 宮城県内におけるフッ化物配合歯磨剤の利用状況. 日本口腔衛生学会誌 2001;51:648-649. 第50回日本口腔衛生学会総会

2000 平成12年
1. 松坂朋典、井川恭子、坂本征三郎.口底癌切除後の歯口清掃に3面歯ブラシを応用した1例 . 第12回日本口腔衛生学会東北地方会  口腔衛生学会雑誌 50:828, 2000.

1999 平成11年
井川 資英、佐野 由紀、井川 恭子、堀内 博;加齢によるヒト歯髄血流の変化日本歯科保存学雑誌 1999, vol42 p197

1998 平成10年
井川 資英、井川 恭子、堀内 博;温度および機械刺激に対するヒト歯肉血流の応答、日本歯周病学会会誌、vol40 p164 1998

1997 平成9年
1.井川恭子、斉藤恵一、坂本征三郎.薬物副作用による歯肉増殖症におけるp21 was1/cip1 cyclin-dependent kinase inhibitor の発現. 第46回日本口腔衛生学会総会  口腔衛生会誌 47:420-421, 1997.

1996 平成8年
1. 渡辺聡子、岩倉政城、押切邦中、楠本雅子、井川恭子、志村匡代、安野陽子、坂本征三郎.:ガスセンサによる口臭測定値と口腔諸症状との関係. 第8回日本口腔衛生学会東北地方会  口腔衛生学会雑誌  46:375, P 482-483 1996.

1995 平成7年
1. 渡辺聡子、志村匡代、岩倉政城、押切邦中、井川恭子、楠本雅子、坂本征三郎.: ZnO薄膜センサを用いた口臭測定器による測定値と完納官舶]価値についての検討. 第44回日本口腔衛生学会総会  口腔衛生学会雑誌 45:606-607, 1995.

1994 平成6年
1. 井川恭子、田浦勝彦、浅沼慎、岩倉政城、小澤雄樹、斉藤恵一、千葉潤子、志村匡代、渡辺聡子、坂本征三郎、園部英俊.東北大学歯学部臨床実習における幼児歯科保健プログラムについて.  第6回日本口腔衛生学会東北地方会  口腔衛生学会雑誌 44:355, 1994.
2. 岩倉政城、志村匡代、井川恭子、渡辺聡子、渋谷芳郎、安野陽子、坂本征三郎. :口腔の諸症状と成人病についての疫学研究 その2 胃疾患についての質問紙調査. 第43回日本口腔衛生学会総会  口腔衛生学会雑誌 44:530-531, 1994.

1993 平成5年
1. 小野寺君子、岩倉政城、安野陽子、志村匡代、井川恭子、渋谷芳郎、坂本征三郎.:地域保健活動における歯科保健の役割. 第5回日本口腔衛生学会東北地方会  口腔衛生学会雑誌 43: 717, 1993.


トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 院長紹介 » 院長プロフィール



TOPへ