新着情報

2021.02.14

歯周病治療 x レーザー

歯周病治療で最も重要なことは、バイオフィルムの除去です。これまでの物理的に除去する方法は安全で確実な方法です。
歯周治療の新しいアプローチとして、レーザーを使った治療法があります。歯科用のレーザーは、他にも炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザーなどがあります。レーザーの特徴の”光熱効果”を期待したり、組織の悪い部分を低侵襲で除去するなどができるという利点があります。
光線力学療法(フォトダイナミックセラピー:PDT治療)はメチレンブルーを主とするバイオジェルを細菌に取り込ませます。そこに非熱半導体レーザーで赤色光を照射して活性酸素を大量に発生させて細菌だけを死滅させるというものです。
当クリニックでもいくつかレーザーを用意し、歯周治療の補助として使っています。